日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利で資産を増やし、経済的自由を手にいれます。

大和ハウス、国内最大の物流施設建設

f:id:syywd390:20170729204903j:plain

持株の大和ハウスですが、日経新聞によると千葉県の流山市に託児所併設で600人を収容できる物流施設を建設するそうです。

 

大和ハウス工業は千葉県流山市に最大600人の児童を受け入れられる、国内最大の託児所を持つ物集施設を建設する。搬送ロボットや装着型ロボットなども導入し、女性が働きやすい施設にする。新規の投資額は1,800億円。国内の物流量が急増する一方、荷捌きに必要な人材は払拭している。女性や高齢者も働ける環境を整備、人材不足解消につなげる。』

 

ヤマトで社員のサービス産業問題が顕在しましたが、宅配個数が増える中でどう人材を確保していくかは物流企業には死活問題ですね。

 

大和ハウスは戸建て、賃貸住宅、物流施設などを手掛けていますが、業績は好調です。売上、営業利益、EPSも伸びており、今後の増配も期待したいところです。