日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利で資産を増やし、経済的自由を手にいれます。

サザンから配当金を受領

f:id:syywd390:20170611152007j:plain

アメリカの大手電力会社サザン(SO)から配当金37.53$(110.33円換算で4,140円)受領しました。

 

サザンは日本でいうと東京電力中部電力のような業態です。

 

Alabama Power、Geoigia Power、Gulf Power、Missisippi Power、Southern Powerなどの事業会社を束ねる持株会社で、アメリカの南東部4州で事業運営しています。

 

サザンは現在経営難に陥っている東芝の子会社であるウェスチンングハウスが手掛けていたショージア州のボーグル原発2基の発注元です。

 

直近のニュースで東芝が親会社として保証していたウェスチングハウス原発建設の保証、つまり原発2期が当初予定どおりに建設・運転できなかった場合に生じるコストの保証額上限を36.8億$(約4,129億円)にすることで合意したようです。

 

36,8億$と巨額ではあれ、負担上限が確定することは東芝には朗報ですが、想定を超えた場合のサザンの負担がどうなるかが懸念ですね。