日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

連続増配株:日本(18)トランコム

f:id:syywd390:20170506072210p:plain

典:http://www.trancom.co.jp/

 

連続増配株のご紹介。物流センター構築運営業務、物流情報サービス提供業務等を展開しているトランコム【9058】、愛知県名古屋市の企業です。

 

昨今、ヤマトの物流負荷の増加に伴う荷受量抑制の問題が世間を賑わせています。トランコムは3L、所謂企業間物流がメインのようですが、物流需要は伸長するものの「多頻度小ロット化」「ドライバー不足」など他物流業者と同じような悩みを抱えているようですね。

 

増配は2017年3月期で17期連続の予定で、会社発表で2018年3月期で2円増配の80円の予定となっています。予想配当利回りが1.3%弱なので、まだまだ買えるレベルではないですね。財務は安定的で業績も伸びているいい企業だと思いますが・・・。

 

現状はアメリカのUPS配当利回りが3%を超えているので、物流業者を買うとするとUPSを買い増すでしょうね。