読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利で資産を増やし、経済的自由を手にいれます。

高配当株:ベトナム(1)ヌイニョー石材

f:id:syywd390:20170408083203j:plain

東京は雨模様。桜の花も散ってしまいそうですね。

 

さて、株は日本とアメリカの連続増配株をメインにしておりますが、新興国ベトナムの個別株を1社だけ保有しています。

 

日米連続増配株は時間をかけて資産を増やしてくれるはずですが、ベトナムは国の年齢層が若く、高配当株が多いので今の利回りが続くなら資産も増えるだろうと。

 

保有しているヌイニョー石材は日本経済新聞の記事で知りましたが、石材・粘土の採掘や粘土レンガ・タイルなどの建設資材の製造・取引に従事している会社です。

 

配当利回りは昨年は特別配当的な支払もありましたが、2016年18~20%弱。その前の年は11%弱だったので、一昨年が通常なのかもしれません。株価は昨年の10月の高値から25%弱下落していますが、それでも配当を加味すれば購入単価から+6%のアウトパフォームです。

 

新興国なので、なんらかの経済的なショックで株価は大幅に下落する可能性もありますが、1社だけなので資産全体への影響も少なかろうと。

 

他にキンド食品やビナミルクも気になりますが、アメリカの優良株へ投資するのがベターだしなぁと迷っているところです。


アメリカ株と違ってニュースソースが少ないのが難点ですね。ヌイニョー石材の配当で他を買い増すことになりそうです。