日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

参考になる連続増配ランキング

連続増配株の分析は四季報日本経済新聞、ネット証券の企業情報を参考にしながら行っております。私は日米株に投資しているのですが、配当金投資をしている方はマネックス証券SBI証券、楽天証券を使われていることが多いようですね。

 

上記の3証券会社は米国株の特定口座に対応しているので、便利です。

 

どんな株式が連続増配株かは下記の東洋経済の記事がまとまっていて分かりやすいですね。毎年増配できるということは、当然ながら配当を超えるEPSを継続的に出せる企業な訳で、必然的に安定した企業業態であることが多いです。

 

東洋経済 「連続増配年数が多い」400社ランキング

 出典:「連続増配年数が多い」400社ランキング | 企業ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

連続増配株に着目する前は検体検査機器の「シスメックス」や複利厚生「リロ・ホールディングス」は知らなかったのですが、一般的にはメジャーではないですが、非常に優良な企業です。

 

上記銘柄はPERが高すぎて手が出せないので、割安になるタイミングになれば手を出したいですね。あと、中本パックスのような上場間もないものの、今後連続増配株になりそうな企業も気になります。

 

基本持ち株はホールド方針なので、新規の銭金を貯蓄しないとです。