日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

コラム

MOかPMを購入予定

配当金再投資、インデックス投資、どちらにも共通していることは基本暇なことです。 定期積立の基本的なルールさえ決めてしまえば、あとは継続するだけ。 今月は個別株購入の月でアルトリアグループ(MO)かフリップモリス(PM)を1,500~1,700ドル購入予定…

自分年金を作る

アラフォー世代の目下の課題は、子供の教育費をどう確保するか、自分の老後の収入をどう確保するかではないかと思います。 教育費(大学卒業まで)については文部科学省が纏めておりますが、幼稚園から大学まで全て公立のケースで、大学は自宅通勤で818万円…

ウェルズファーゴの反転なるか

米金融大手ウェルズファーゴが13日に発表した2018年4~6月第二四半期決算は良くなかったです。 融資残高が前期比69億ドル減少で約2年ぶりの低水準。商業融資と消費者融資の双方が落ち込んだようです。 純利益は前年同期比11%減の52億ドル、1株利益は1.08ドル…

【悲報】J&Jに懲罰的賠償

医薬品大手J&Jですが、米ミズリー州の裁判所が計46億9000万$(約5300億円)の懲罰的賠償を命じたようですね。J&Jは医薬品以外に日用品も扱っており、バンドエイドやリステリンで有名ですが、今回はベビーパウダーの原料に含まれていたアスベストが卵巣がんを…

グラクソスミスクラインから配当金を受領

英医薬品大手グラクソスミスクラインから配当金15.92$受領しました。 グラクソスミスクラインは米国でADRという形で上場しておりますが、イギリス企業のADRは米国の源泉徴収が掛からないようで、日本での20%課税のみです。 一時期の株価低迷から大分持…

ひょんなことから読まれる記事

1年もブログを継続していて、当初はブログ村から本ブログに来ていただいている方が多かったのですが、最近はGoogle経由でお越しいただくことが多くなってきました。 その中でSUBARUとベトナム株の記事はちょこちょこ検索いただいているようです。どちらも既…

何に投資するか迷っているならVTIだけでいいと思う

投資の最初のハードルはまず始めることだと思うのですよね。 周りに本腰で投資をしている人が少ない中で、NISAもiDeCoも良く分からないし、何から始めていいか分からない。ただ、老後に対しては漠然とした不安があるという人は多いと思います。 そんなときは…

トランプ関税発動

ついに日本時間6日の13時にトランプ関税、米国の中国に対する340億$相当の関税が決行されましたね。今後関税の応酬になるのでしょうか。株式市場は荒れるかもしれないですが、淡々と毎月の定期購入を実行していくだけです。FANGやハイテクの構成が多い方は…

国には頼れない

Blogosは良質な記事が多いです。若い世代は国に依存せず、自己防衛を図ることが自身・家族のために必要ですね。そのために米国株が最適なことには同感です。一番危ないのは間違いなく日本円の預金ですね。http://lite.blogos.com/article/308170/?axis=&p=1

これから投資を始めるのであれば(VTI・VT・VOO)

自分が老後のときに年金で生活できるか不安。投資は必要とは思うものの、何から始めたらいいか分からない。あるいは投資なんで博打を思っている日本人は多いと思います。 ただ、年金に関しては現状より改善する見込みは日本の財政からすると望み薄で、20~30…

高速から配当金を受領

食品向け軽包装資材の専門商社である高速から配当金1,116円受領しました。 マイナーな商社ではありますが、14年連続で増配を継続しています。所謂日本の大企業でも14年も増配を継続している会社は少ないです。ということでは、高速は株主還元に積極的で、連…

配当金は素晴らしい

給与であれば個人のパフォーマンスはさることながら、勤め先の業績に収入が大きく左右されますね?皆が勤めたがる人気企業に勤めるには、それ相応の大学を出たら、経験したり、語学ができる上で、採用試験に受からねばなりません。方や、株式は入社ができな…

GEのダウからの除外

ゼネラル・エレクトリック(GE)がついにダウの構成銘柄からはずれたようですね。 世間的にはどうでもいい話題ですが、1896年のダウのオリジナル銘柄で唯一残っていたGEの脱落は米国株をやっている人にとってはターニングポイント。 株価は12.9$まで下げてい…

クラフトハインツから配当金を受領

米クラフトハインツから配当金26.97$を受領しました。 クラフトハインツはソース、チーズなどの食料品の製造・販売がメインの会社で、ケチャップや粉チーズが有名ですね。アラフォー世代としては小さな頃にナポリタンにクラフトの粉チーズをかけて食べたのを…

他人の成長を力にする

配当は他人の成長を自分に振り替える行為に他なりません。一人で仕事をする限りは給与1本ですが、配当金を継続的に受け取れる企業に投資することで、その企業、つまりその企業で働いている人の頑張り・成長を取り込むことができる。と思うと、株式の元本が…

ゆっくり読む

日本株の株主関係書類が続々と届きますね。平日は中々ゆっくり読めないので、週末ゆっくり読みたいと思います。連続増配株銘柄の関係書類はポジティブなので、楽しみです。

お金に働いてもらう

日経新聞によると経団連が発表した2018年賞与の1次集計は大手企業で前年比6.71%増の96万7,386円で1959年からの調査中最高になったとのこと。皆さんの賞与は上がりましたでしょうか。会社業績や個人のパフォーマンスがよい場合は賞与額が上がるでしょうが、…

タイムワーナーをAT&Tが買収

AT&Tがメディア大手タイムワーナーに854億円(9兆4,000億円)で買収提案していた案件は米司法省が反対していましたが、米連邦地裁が買収承認したことで大きく進展しそうです。AT&Tは米国で携帯キャリアの2位ですが、携帯加入者は飽和していますので、新たな収…

ドル資産を増やす

日本で過ごしていると、給与は円で支払われますし、買い物も基本円です。バブル崩壊後の『失われた20年』の間はデフレという物の価値が下がる期間が続きましたので、円預金が損にはなりませんでした。 ただ、日本円は他国通貨に対しては価値が相対的に下がり…

タバコは嫌いですが

タバコは嫌いなんですよね。父がヘビースモーカーで家族なぞ気にせずリビングでタバコを吸う人だったので。私自身はアラフォーですが、周りもそんな父親が多かった気がします。ただ、タバコ銘柄であるフィリップモリスやJTは好きです。株主に配当をの還元意…

種銭と投資

資産を増やす方法は収入を増やす、支出を減らす、運用するの3選択肢しかありません。皆が儲かる株を探すのに躍起ですが、みんなに人気の株は既に割高になっている可能性が高いです。忙しいサラリーマンが運用の選択に時間をかけるよりも、低コスト優良ETFで…

NTTの増配

NTTから株主総会の招集通知が届きました。2017年度の1株配当は150円と昨年度から30円増配です。持っているだけで配当金が増える連続増配株は素晴らしい。給与が25%も年間で増えることはありませんよね。労働分配率が下がり、給与が増えにくい中、豊かになる…

不労所得が人生を豊かにする

大抵の人は給与収入が生活の糧ですし、糧であるが故に会社に通勤し、休める日も休暇以外は決められません。仕事がやりがいがあり、死ぬまで仕事をしたい人はいいですが、60歳を過ぎれば人間誰しも体のどこかに不調は出てくるものです。年金の受給年齢が70才…

KDDIから株主総会招集通知

通信キャリアのKDDIから株主総会招集通知が届きました。2017年度は1株配当が90円と前年85円から増配で16期連続増配となってます。ここ5年の1株配当は43.33円>56.67円>70円>85円>90円と2倍になってます。日経新聞に記載がありましたが、ライバルのソフト…

配当金と承認欲求

誰しも他人から認められたい、褒められたい欲求が心の底にはあるのではないかと思います。 多くの人がサラリーマンとして人生で長い時間を過ごす中で、仕事で成果を出したり、同僚から認められたいという思いもあろうかと思います。しかしながら、務め人の宿…

確定拠出年金で元本保証以外を選ぶ

会社が導入する企業年金には確定給付企業年金(DB)と確定給付企業年金(DC)があります。 DBは予め受け取ることができる年金額が固まっており、受け取れる年金額から逆算して月々の掛金と運用利回りが設定されます。一方、DCは月々の掛金は任意(会…

会社は手段に過ぎない

日々通う会社。やりがいを持って働いている人もおりますし、嫌々通っている方もいるでしょう。 家族を養うためや住宅ローンを払い続けるために継続せざるをえない人も多いですが(私も含め)、何のために働くのかはっきりしていないと、一生お金のために働く…

USSから定時株主総会招集通知

中古車オークション会場を手掛けるユー・エス・エスから定時株主総会招集通知が届きました。今後6月にかけて3月決算企業の総会招集通知が続々と届きそうです。期末配当は24.5円予定ということで、年間配当は47.8円となります。会社は配当性向50%以上を基本方…

ディフェンシブと配当再投資

ディフェンシブ株がボコボコに売られています。米国の利上げが今後予想されることから、相対時に魅力が落ちるディフェンシブ株が売られがちなこともあります。個別株ですとP&Gはプライベートブランドとの競争が厳しくなってますし、AT&Tはタイムワーナーの買…

迷うなら市場平均に追随するのが楽

投資といっても敷居が高いと思う方は、いっそのこと市場平均(インデックス)のみに投資するのが楽ですよね。インデックスにたどり着くまでが敷居が高いのかもしれませんが・・・。 機関投資家を始めとする投資のプロでも9割以上市場平均には勝てないという…