日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

コラム

今月の配当金受取予定

<スポンサードリンク> // 台風で電車が動かないので待機・・・。こういうときはテレワークができるといいですね。勤め先は制度としてはあるのですが、使う人がごく少数なので使っていません。 オリンピックにかけて利用する機運は高まるとは思うのですけど…

世界の成長を取り入れられなかったのは悔やまれる

<スポンサードリンク> // 社会人になって十数年経ちました。 運が良いことに就職氷河期にも関わらず正社員の職に恵まれ、一つの職種で経験を積むことができましたが、単一の企業に勤めていたので、2000年~2010年代の世界の成長を取り込めたかというと、そ…

勤め先だけでは世界が広がらない

終身雇用が根差していた日本。いい大学に入って、いい会社に入れば長らく一生安泰と信じられてきました。しかしながら、大手企業も技術革新や競争の中、引退するまで無傷で済むかどうかは分かりません。会社の業績が傾き、リストラされるときに会社に裏切ら…

ネクタイの人が珍しくなった

残暑が著しい9月ですが、夏場の都心は男性のネクタイ無しが普通になりましたね。むしろネクタイありの方が探すのが難しい位。少し広がると一斉に採り入れるのが日本の風習ですが、来年は東京オリンピックで都心の渋滞が予想されるので、テレワークを導入する…

折り畳み傘を常備しない人

今日は首都圏では雨が降ってますが、雨に濡れながら通勤している人をみかけます。家をでるときから雨が振ってれば傘を持参するでしょうが、急に雨が降ってきたら折り畳み傘が無ければ、傘を買うか、濡れるしかありません。折り畳み傘なんて嵩張らないのだか…

68歳まで働きたいですか?

日本経済新聞の記事ですが、厚生労働省が発表した公的年金の財政検証では、夫が会社員で60歳まで厚生年金加入、妻が専業主婦のモデル世帯では今の20歳が2019年と同モデル世帯と同じ水準の年金をもらうためには68歳9ヶ月目まで働く必要があるそうです。上記は…

SBI・バンガードS&P500インデックス

SBIグループが9月27日からバンガードと組んでS&P500連動の投資信託を販売するみたいですね。信託報酬は驚きの0.09264%程度と、投資信託ではもう下がらんだろという水準。しかも100円単位で購入できるみたいで、Tポイントの消化先としては完璧。eMaxis slimS&…

クラフト・ハインツのCFO交代

ブルームバーグの記事によると食品大手クラフト・ハインツのCFOが交代するようです。元CFOのパウロ・バシリオ氏が就任するということですが、44歳です。日本の大企業で44歳が最高財務責任者を務めることはないですから、アメリカは年齢に関係なく実力で抜擢…

ANAカードの3,500マイルキャンペーン

<スポンサードリンク> // ANAカードが8月23日(金)から10月31日(木)の間に35万円以上決済した方を対象の3,500マイルを付与するキャンペーンを行っています。 2カ月ちょっとで35万円はハードルが高いかもしれませんが、我が家は払えるものはほぼ全てカー…

NISAはぜひ恒久化して欲しい

<スポンサードリンク> // 金融庁が2020年度税制改正要望でNISAの恒久化を出すようですね。 NISAは一般NISAが単年120万が5年間、積立NISAは単年40万を20年間非課税にできる措置ですが、いずれか(も)恒久化されるのであれば投資化のメリットは大きいですね…

ダウが下がろうが、日経が下がろうが

昨日のNYダウは800ドル下げましたが、日経平均は然程下がりませんでしたね。今月の定期買付はアッヴィです。淡々と買い付けます。お盆は刺身と日本酒を堪能しつつ、夏の疲れを癒すために早く寝るに限ります。会社の執務フロアが冷えている成果、あるいは血行…

円高はチャンス

1ドルが105円代となっております。ドル建て資産は円換算では減りますが、老後のドル建て配当金を増やすのが最終目標なので、現役時代の円高は歓迎です。ただここ数十年で日本はデフレ、海外はインフレが進んでいるので、105円でも実質的にはかなりの円安水準…

使わない電子マネーは無駄

日々電車通勤をしていると、改札で自分より前に通過する方の電子マネー残額が見えたりします。 ちょこちょこ万単位で入金している方を見ますが、無駄だなと思ってしまいます(すぐ使うなら別ですが)。 現金より電子マネーの方が使い勝手がいいですが、すぐ…

最低賃金しか払えない企業

<スポンサードリンク> // 2019年度の最低賃金(時給)の改訂額が揃ったとのことで、最低額は青森、岩手、秋田、山形、鳥取、島根、高知、愛媛、長崎、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の15県の790円、最高額は東京の1,013円、2番目は神奈川の1,011円…

いかに周りに動いてもらうか

サラリーマンでも不労所得でもいかに周りに動いてもらうかが大事ですね。サラリーマンは一人でできることは限られます。いかに周りに気持ちよく動いてもらうかが、自分の収入アップに繋がります。賃貸不動産は客付けの賃貸ショップ、管理会社が上手く動いてく…

まずは収入>支出

投資に充てられる資金は収入と支出の差になる訳ですから、差を大きくするには収入を多くするか、支出を少なくするかのいずれかしかありません。 収入を多くするには給与収入を増やす、収入の種類を増やす(配当、不動産収入、副業等)がありますが、即効性が…

英語より投資

グローバル化が叫ばれる中、社会人はビジネス英語ができることが謳われています。新卒採用にもTOEICスコアが求められたり、昇格要件になってたりしますよね。はたまた、小学生から英語教育が叫ばれる位なので、英語熱が冷めることはないでしょう。私個人は職…

次はアッヴィかアルトリア

<スポンサードリンク> // 医薬品大手アッヴィの配当利回りが6.3%、たばこ大手アルトリアの利回りも6.4%まで上がっています。 アッヴィはブロックバスターである関節リウマチ治療薬のヒュミラの特許切れに伴う売上減、アルトリアはアメリカで電子たばこの承…

個人型確定拠出年金が誰でも可能に

日経新聞の記事によると個人型確定拠出年金が誰でも加入可能になるようですね。今まで公務員や勤め先に企業型確定拠出が無い方、主婦・主夫は加入できましたが、企業型確定拠出年金に加入している方も加入できるようになりそうとのこと。企業型確定拠出年金…

円貨だけではリスクを分散できない

子供達は夏休み真っ盛り。昨日は隅田川花火大会に行ってきました。間近で見る花火は迫力がありました。自分の子供の頃は小学校が1日中プールを解放してましたので、暇があればプールに入ってましたが、最近の子は習い事に忙しいようですね。 さて、子供の元…

投信が長期にシフト

日経新聞によると、投資信託ですが、運用期間が10年以上のものにシフトしているようですね。10年以上経過した投資信託への流入額が2018年度に4,358億円と、プラスになったのは2002年度から16年ぶりとのこと。積立NISAが投資家に資する商品が多いのでしょうが…

貯蓄2000万では不安は解消しない

例の金融庁の老後2000万の指針ですが、2000万の貯蓄があっても老後の不安は解消しません。内藤忍さんがブログに書いてましたが、人生は有限であるものの、いつ終わるか分からないため、ストックがあっても怖くて使えない。労働収入以外のキャッシュフローが…

不動産はタイミング

2017年から投資不動産を運営していますが、2019年に入って金融機関の融資姿勢がかなり厳しくなっているようですね。カボチャの馬車とスルガ銀行の過剰融資、TATERUの資料改竄、レオパレスの建築不正など不動産投資には逆風です。ここ数年の金融機関の投資不…

SBI証券のTポイント登録

<スポンサードリンク> // 7月20日からSBI証券で連携が開始されたTポイント。利用するために早速Tポイント情報の登録を行いました。 微々たるポイントですが、投資信託の買付に利用できますので、資金を追加してeMAXIS slim米国株式でも買付しようと思…

老いを感じる

仕事柄1日中デスクワークなのですが、40歳を越えてから、夏場の冷えを感じるようになってきました。帰宅して風呂に入ると、足が冷えていたことが実感します。20~30代では感じることさなかったのですが、身体の代謝が落ちているのでしょうね。40代でもこの調…

SBI証券のTポイント連携

SBI証券のTポイントとの連携が明日20日からとなっています。100P弱しか貯まってなかったと思いますが、現金を補ってeMaxis slim 米国株式でも購入しようと思います。 楽天スーパポイント、Tポイントと投資家にとってポイントを貯める楽しみが増えますね。

米企業500社減益

日経新聞によると米主要500社の2019年4~6月の純利益が前年比3%減の見通しということで、米国企業の減速が顕著になってきました。利下げ、米中関税応酬、ハイテク企業の減速と2019年度は大分不透明ですが、積立投資している投資家は着実に投資できるか正念場…

SBI証券の米国株取引最低手数料の下げ

<スポンサードリンク> // 今週に入ってマネックス証券、楽天証券が相次いで米国株取引の最低手数料を下げることを発表し、SBI証券の出方が米国株ブログ界隈で話題となっていましたが、手数料が5$から0$に下がるようです。 これまでは最低手数料が5$かかり…

マネックス証券の米国株手数料下げ

マネックス証券が7月8日から米国株の取引手数料を5$から0.1$に下げるようですね。SBI証券は5$なので、追随しないまでも、頑張って下げて欲しいです。

SBI証券がTポイントと連携

SBI証券で7月20日以降、Tポイントと連携し、ポイントで投資信託を買い付けてできるようになるようですね。SBI証券はメインの証券会社ですし、TポイントもTUTAYAのレンタルに使う位立ったので、嬉しいです。楽天証券の楽天スーパポイントに追随する動きですが…