日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

コラム

通信株は報われるか?

9月24日(火)、S&P500のセクターが変更になるようですね。 「電気通信サービス」が「コミュニケーションサービス」に変更となります。 これにより、AT&Tやベライゾンコミュニケーションズなどの電気通信セクター銘柄が全部、アルファベットやフェイスブック…

上場企業の中間配当が最高額に

日本経済新聞によると上場企業の中間配当が最高となるようです。 3月決算企業の中間配当は9年連続の4兆8,906億円と過去最高となり、リーマン・ショック後の2009年に1兆8,000億円まで減少したものの2.6倍の水準まで上昇したことになります。 サラリーマンであ…

UPSが物流拠点増強

米物流大手のUPSがインディアナポリスやソルクレートシティに大規模物流拠点を設けるようです。最近はアマゾンからの受託で配送件数が増えているものの、単科下落や人件費の上昇して利益が伸び悩んでいるようです。そこんとこの事情は日本のヤマトなどと同様…

そんなにiPhoneが必要ですか?

アップルの新しいiPhoneは軒並み高額のようですね。 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクでXSが12~13万円、割引・複数年縛りを適用して6~11万、高級機種であるXS MAX は端末価格が18~20万円します。もう手軽に買える金額ではありませんが、アップル信者の方は…

新興国投信の急減

新興国の株式、債券で運用する投信信託ですが、昨今のトルコショックにより8月末に5兆9,800億円と昨年末より8,000億円減少したとのこと。トルコショックとは、アメリカが利上げに動く中、トルコは金利差が縮小するとトルコへの投資資金が流出するため、同様…

ハワイアンエレクトリックから配当金を受領

ハワイ州を中心とした電力会社であるハワイアンエレクトリックから17.87$配当金を受受領しました。配当利回りは3,51%です。 今後まったりと配当金を受け取りさせていだきます。

MSCIコクサイとは?

勤務先に確定拠出年金制度があるのですが、投資割合はMSCIコクサイ連動インデックス1本にしています。 MSCIはモルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル社が提供する世界の株式を対象としたMSCI All World Indexから新…

ブログもストック型ビジネス

ブログを始めて早1年8ヶ月、当初はブログ村からのアクセスがほぼでしたが、最近はグーグルから検索で見ていただくことが多くなってきました。 ブログはストック型と言われますが、書けば書くほど読んでいただける可能性が高いということを実感しますね。 サ…

投資は早く始めた方がいい

蝉の声がツクツクホウシとヒグラシだけになると夏の終わりを感じますね。今年の夏は暑かった。資本主義の世界にいる限り、資本主義か勤め先に文句を言ってもしょうがなく、利用できるのであれば利用した方が得です。しかも、今はインデックスを低コストかつ…

勝ち馬に乗るのが楽

朝晩涼しくなってきて、身体も大分楽になってきますね。日経平均がバブルの最高値を全く更新する気配もなく、もう更新することはない可能性が高いかもしれません。一方、アメリカの代表的な株価であるS&P500は最高値を更新し続けてます。やはり、マイクロソ…

ブラックロック社ETFの大量流出

ブラックロック社のETFで、世界で3番目に規模が大きいETFであるiシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LCD)が、8月29日と30日の2日間で9億9,400万$(約1,100億円)の流出に見舞われたとブルームバーグが報じておりました。 トラ…

サラリーマンが20%も昇給することはない

国税庁の平成28年民間給与実態統計調査によるとサラリーマンの平均年収は421.6万とのことですが、毎年の定期昇給(ベアを含む)は1~3%位に収まるのではないかと思います。 毎年10~20%年収が上がるなんて、急成長のベンチャーか外資系の会社でないと無いの…

コカ・コーラのカフェチェーン買収

米コカ・コーラが、英カフェチェーン最大手のコスタという企業を39億ドル(約5,600億円)で買収するようですね。コスタは英国で2400店舗、中国・中近東を中心に約30ヶ国で事業展開するグローバル企業のようで、2018年2月期の売上高は12億9,200万ポンド(1,860億…

今のお金と将来のお金は等価ではない

少子高齢化が進む日本。日銀も物価目標を立てて、少しずつインフレを進めようとしています。インフレが進めば、今の1万円の価値は将来的に減価します。日本の物価が上がらなくても日本では多国でインフレがが進めば、多くのものを輸入で賄っているので、同じ…

新生銀行の次をどうするか

いよいよ、新生銀行のATM引き出し手数料が10月7日から有料になります。 ほぼ私は金庫代わりに使っていて、新生銀行の業績には120%貢献していなかった自負がありますので、有料化は仕方がないですね。 新生銀行からの案内で新生アプラスゴールドカードを作…

ネット証券への流れは変わらない

日経新聞によると、ネット証券経由で投資信託を購入・保有している人の64%が評価益を、36%が評価損を抱えているとのこと。対象証券会社はSBI証券、楽天証券、ガップドットコム証券、マネックス証券とのことです。先日公表された都銀・地銀26行を対象としたも…

40代からはお金に働いてもらおう

40代といえば人生の後半を意識する年代ですよね。会社での立ち位置もある程度分かり、課長・部長・役員になれるのか、同期とも差が出始める頃です。勤め先で十分な収入を確保できるのであればいいですが、上場企業の役員でも2000~3000万の報酬が相場らしい…

ウェルズ・ファーゴのリストラ

米銀行大手のウェルズ・ファーゴが住宅ローンに関わる行員600人をリストラしたとのこと。米国の金利は上がりつつありますが、3%を超えて上昇することは疑問視されていることから、リストラを進めたようですね。不祥事に揺れた株価も回復基調ですが、どうです…

S&P500だけでも十分

涼しくなったと思いきや、残暑ですね。社会人になって10数年も経って今頃インデックスの素晴らしさを感じてます。 社会人始めた頃にもう少し海外ETFに投資しやすい環境だったら、運用も違ってたかもしれませんね。何に投資しているか悩んでいるならS&P500に…

セミリタイアに向けて

今日から連休明けの仕事でリハビリ的に過ごした方も多いのではないでしょか。団塊世代も徐々に定年を迎えつつあります。あと10~20年すれば、少子高齢化から企業の定年も60歳から65~70歳と伸びていくことが想定されます。公的年金は既に段階的に65歳に受給…

宝くじは貧者の税金

いつ宝くじ売り場を通っても、購入する方を見かけます。 宝くじの購入者(胴元)への還元率は総務省の発表では46.8%となっており、投資効率は最悪です。残り39.8%が都道府県や政令指定都市の公共交通事業に使用され、12.1%が印刷費用・販売費用となり、残り1…

トルコ株投信の値下がり

トルコリラの急落により、トルコ関係投資信託の純資産が大幅値下がりしているようですね。大和投信が手掛けているトルコ・ボンド・オープンは前年比で53%の下落、純資産が多かったアムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンドは同36.6%下落となっています。…

米景気は引き続き好調

米労働省が発表した2018年第2四半期の生産性速報値(農業部門を除く)は季節調整済の年率で前期比2.9%上昇し、2015年第1四半期以来3年ぶりの高水準となり、控えめながらも賃金上昇が続いており、好景気が継続しているようですね。 トランプ関税やトルコリラ…

ガソリン高と車の保有

仙台城趾からの仙台の街並み。仙台市内からのジョギング、散歩にピッタリです。お盆に帰省で車を使われる方も多いと思いますが、足元の価格は1Lが152円と1年前から約20円高く、家庭の負担になっているようですね。石油元売はJTXGと合併を決めた出光と昭和シ…

日経平均下げる

13日の日経平均は前日比440.65円安の21,857.43円と大幅安でした。トルコのリラ安に対する不安が波及したようですが、日本にまで影響があるんですね。持株も大和ハウスが143円安、SPKは107円安、NTTが160円安となりました。グダグタでしたね。お盆は毎年寿司…

ミステリーショッパーを試してみた

収入の複線化を目指し、ミステリーショッパー(覆面調査員)を試してみました。ミステリーショッパー指定のお店を訪問し、サービスのレポートをすることで、報酬を得る仕組みです。 時給換算ですと、かけた時間に見合うかという問題はありますが、普段利用す…

日本マクドナルドが復調

日本マクドナルドが復調しているようで、マクドナルド(MCD)ホルダーとしては喜ばしいですね。 9日発表の決算は日経新聞の記事によると純利益が前年同期比26%増の135億円となったようで、100円でパティが2倍となる夜マックやコーヒーの品質を高めたりし…

夏休みにおすすめの投資本

今日から夏休みの方も多いのですかね。 自分が小学生なんかのときは、学校のプールが終日開放されていたので、ほぼ毎日プール通ってましたね。都心の小学生は外で遊ぶ環境も少ないので、それはそれで可愛そうな気がします。 妻に話したら怒られそうですが、…

収入の複線化を目指していく

大分朝は涼しくなってきた気がします。今年の猛暑は体にこたえましたね。 さて、収入を会社に頼らない経済的自由を得るには、自分ではなく資産に働いてもらい、支出より資産からの収入が上回る状態を作り出すことが必要です。 まだまだ経済的自由を得るには…

大和ハウス最高益

大和ハウスの2018年4~6月期決算は、純利益が前年同期比3%増の524億円と好調だったようです。大和ハウスの主たる事業には戸建て住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業施設、事業施設がありますが、事業施設の物流センター建設は好調だったものの、…