日米株での配当金生活を目指して

日本・アメリカの連続増配株を中心に投資し、配当再投資と複利により経済的自由を手にいれます。

通信株は報われるか?

9月24日(火)、S&P500のセクターが変更になるようですね。 「電気通信サービス」が「コミュニケーションサービス」に変更となります。 これにより、AT&Tやベライゾンコミュニケーションズなどの電気通信セクター銘柄が全部、アルファベットやフェイスブック…

上場企業の中間配当が最高額に

日本経済新聞によると上場企業の中間配当が最高となるようです。 3月決算企業の中間配当は9年連続の4兆8,906億円と過去最高となり、リーマン・ショック後の2009年に1兆8,000億円まで減少したものの2.6倍の水準まで上昇したことになります。 サラリーマンであ…

マクドナルドから配当金を受領

ハンバーガーチェーン大手、マクドナルドから配当金13.11$受領しました。 いつのまにか株価も復調し、配当利回りは2.5%弱となっています。 連続増配も41年続いておりますし、今後も新興国の需要が伸びることも考えるとなおいい。

デュークエナジーから配当金を受領

米電力大手デュークエナジーから配当金20.01$を受領しました。 直近では7月に中部電力やブリジストンが出資しているシリコンバレーのベンチャーキャピタルファンドのウェストリー・グループに、ドイツのイノジーと共に1.3億$出資することがニュースになっ…

クラフトハインツから配当金を受領

米食品大手クラフトハインツから配当金26.95$受領しました。 株価は昨年の80$からズルズル60$まで下がり、軟調ですね。配当利回りは4.2%まで上昇しています。 キャンベルスープの買収観測が出ていますが、どうでしょう? 第2四半期は市場予想を上回った…

UPSが物流拠点増強

米物流大手のUPSがインディアナポリスやソルクレートシティに大規模物流拠点を設けるようです。最近はアマゾンからの受託で配送件数が増えているものの、単科下落や人件費の上昇して利益が伸び悩んでいるようです。そこんとこの事情は日本のヤマトなどと同様…

ジョンソン&ジョンソンから配当金を受領

医薬品・日用品大手のジョンソン&ジョンソンから配当金27.2$受領しました。 配当利回りは2.5%弱、株価は139$と6月の120$弱から上げ基調です。 ジョンソン&ジョンソンは55年の連続増配と株主還元に積極的で有名な企業ですが、『我が信条(Our Credo)』とい…

そんなにiPhoneが必要ですか?

アップルの新しいiPhoneは軒並み高額のようですね。 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクでXSが12~13万円、割引・複数年縛りを適用して6~11万、高級機種であるXS MAX は端末価格が18~20万円します。もう手軽に買える金額ではありませんが、アップル信者の方は…

新興国投信の急減

新興国の株式、債券で運用する投信信託ですが、昨今のトルコショックにより8月末に5兆9,800億円と昨年末より8,000億円減少したとのこと。トルコショックとは、アメリカが利上げに動く中、トルコは金利差が縮小するとトルコへの投資資金が流出するため、同様…

エクソンモービルから配当金を受領

石油メジャーエクソンモービルから配当金22.88$受領しました。35年連続増配の株主還元に積極的な銘柄です。 75$割れの最悪期は過ぎ去ったように思えるエクソンモービル、どうでしょうね。 欧州の指標原油である北海ブレンド原油先物は、先日1バレル80$台に乗…

ハワイアンエレクトリックから配当金を受領

ハワイ州を中心とした電力会社であるハワイアンエレクトリックから17.87$配当金を受受領しました。配当利回りは3,51%です。 今後まったりと配当金を受け取りさせていだきます。

MSCIコクサイとは?

勤務先に確定拠出年金制度があるのですが、投資割合はMSCIコクサイ連動インデックス1本にしています。 MSCIはモルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル社が提供する世界の株式を対象としたMSCI All World Indexから新…

IBMから配当金を受領

永遠の不発弾IBMから配当金32.79$受領しました。 AIのワトソン、クラウドサービスの売上に占める割合が増えるIBMですが、市場の評価は芳しくないです。 ただ、キャッシュフローを創出する機能が弱回ったばかりでもないので、今後注視していきたです…

アメリカンエレクトリックパワーから配当金を受領

米電力大手アメリカンエレクトリックパワーから配当金13.4$受領しました。 配当利回り3.3%でそこそこですね。 夏の終わりがきて涼しくなると急に疲れが寝ます。早めに就寝して疲れを癒していきたいところです。勝手に配当金が振り込まれてくるのが日々のモチ…

ブログもストック型ビジネス

ブログを始めて早1年8ヶ月、当初はブログ村からのアクセスがほぼでしたが、最近はグーグルから検索で見ていただくことが多くなってきました。 ブログはストック型と言われますが、書けば書くほど読んでいただける可能性が高いということを実感しますね。 サ…

投資は早く始めた方がいい

蝉の声がツクツクホウシとヒグラシだけになると夏の終わりを感じますね。今年の夏は暑かった。資本主義の世界にいる限り、資本主義か勤め先に文句を言ってもしょうがなく、利用できるのであれば利用した方が得です。しかも、今はインデックスを低コストかつ…

サザンから配当金を受領

米電力大手のサザンから配当金38.77$を受領しました。 その名のとおり米国南部が主範囲の電力会社で、インフラ企業ということもあり、利上げ局面では弱いですね。ここ1年株価は軟調で配当利回りは5.2%に達しています。 5月にフロリダ州に保有する全資産をネ…

勝ち馬に乗るのが楽

朝晩涼しくなってきて、身体も大分楽になってきますね。日経平均がバブルの最高値を全く更新する気配もなく、もう更新することはない可能性が高いかもしれません。一方、アメリカの代表的な株価であるS&P500は最高値を更新し続けてます。やはり、マイクロソ…

UPSから配当金を受領

UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)から配当金19.63$受領しました。 UPSは貨物運送会社です。世界的に物量の増加は今後も顕著だと思いますが、アマゾンが自前で物流を担うようになったら、今後の成長がどうなるかですね。 8月25日に発表された4~6…

70歳まで働きたいですか?

政府が70歳まで働ける制度を検討しているようですね。高年齢雇用安定法により、企業は60歳以降について①定年延長②定年廃止③再雇用制度の導入のいずれかを選択することが努力義務になっています。厚生労働省の2017年の調査では定年延長を導入して65歳以上とし…

ユニリーバから配当金を受領

英蘭日用品大手のユニリーバから配当金7.87$受領しました。 Luxなどの洗髪剤や紅茶のリプトンなどで有名なユニリーバ。アメリカでADRという形式で上場しており、アメリカでの現地源泉所得税が無税というメリットがあります。 ここのところは復調気味で…

ウェルズファーゴから配当金を受領

米金融大手ウェルズファーゴから配当金40.86$受領しました。 不祥事後の株価最悪期は抜けた気がしますね。配当利回りは2.9%でそれほど高くはないですが、先進国で人口がまだ増え続けている米国ですが、日本のメガバンクと比較したら、自分が60~70代になって…

定期買付:アルトリアグループ

毎月の定期購入でたばこ大手アルトリアグループを21株買付しました。 ジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来」では、スピンアウトしたフィリップ・モリスと共に投資家に最も高いリターンをもたらした銘柄としても有名ですね。 2018年以降軟調な動きが続い…

ブラックロック社ETFの大量流出

ブラックロック社のETFで、世界で3番目に規模が大きいETFであるiシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LCD)が、8月29日と30日の2日間で9億9,400万$(約1,100億円)の流出に見舞われたとブルームバーグが報じておりました。 トラ…

サラリーマンが20%も昇給することはない

国税庁の平成28年民間給与実態統計調査によるとサラリーマンの平均年収は421.6万とのことですが、毎年の定期昇給(ベアを含む)は1~3%位に収まるのではないかと思います。 毎年10~20%年収が上がるなんて、急成長のベンチャーか外資系の会社でないと無いの…

2018年8月の受取配当

2018年8月の受取配当金です。 昨年日本株の重鎮だったキヤノンを売却して不動産に振り向けたので、日本株の配当金は急減ですね。米国株は昨年8月に配当があったUPSが9月にずれ込んだにも関わらず配当金が増えてるので、追加投資と再投資が効いてます。 少…

コカ・コーラのカフェチェーン買収

米コカ・コーラが、英カフェチェーン最大手のコスタという企業を39億ドル(約5,600億円)で買収するようですね。コスタは英国で2400店舗、中国・中近東を中心に約30ヶ国で事業展開するグローバル企業のようで、2018年2月期の売上高は12億9,200万ポンド(1,860億…

2018年8月末時点の保有株式

今年の夏も暑かったですね。暑いときは北海道で、寒いときは沖縄で仕事ができたら最高なんですけどね。早く自分の意思で働き時、休む時、住む場所を決められる立場になりたいですね。 今は収入を増やして、支出を抑制し、投資資金を増やしていくのみです。 …

今のお金と将来のお金は等価ではない

少子高齢化が進む日本。日銀も物価目標を立てて、少しずつインフレを進めようとしています。インフレが進めば、今の1万円の価値は将来的に減価します。日本の物価が上がらなくても日本では多国でインフレがが進めば、多くのものを輸入で賄っているので、同じ…

新生銀行の次をどうするか

いよいよ、新生銀行のATM引き出し手数料が10月7日から有料になります。 ほぼ私は金庫代わりに使っていて、新生銀行の業績には120%貢献していなかった自負がありますので、有料化は仕方がないですね。 新生銀行からの案内で新生アプラスゴールドカードを作…